かくれみの里 > ネットゲームの部屋 > 冒険者達 > エトア

 エトアーネ=イスフィアード


 


異世界エルタブレイアの貴族イスフィアード家長女。17歳。
父親にコーネリアス卿、母親はエルトナ。

心優しい母親に深い愛情をもって育てられたが、12歳の時に戦場帰りの父親が口論の末に母を殺害。それをきっかけに家を出て、おばの営むリヴィレンダール教会の孤児院で育てられる。
その心は深い傷と復讐心にあふれ情緒不安定だったが、温かいおばに支えられ、徐々に回復。15歳で孤児院を出て、おばの教会のシスターになる。

孤児院時代から認められていた非凡な剣術の才能は、彼女の悲しみと憎しみを力としてめきめきと成長。17歳になったのをきっかけに教会を出て世界へ足を運ぶ。エトアが見た世界の現状。たくさんの自分と同じような境遇の子ども。
「何かが狂い始めている」
世界の情緒を狂わせているもの、それは「負のマナ」と考えたエトアはマナハンターとして各地のマナを集め、浄化する旅路についた・・・。

 

 

 イスフィアル

イスフィアード家の宝剣。先祖が悪のマナ・オリジンとの戦いの際に用いたと伝えられている。

コーネリアスがエルトナを刺した剣。エトアはその事実を知らない。



エトア表情アイコン集 +制作話

キャラクターイラスト +制作話

頂き物

 

戻る